外国人の友達と仲良くなる方法


大それたタイトルに今回は挑んでみたいと思います。

サンダーバードに来てから、1年が経ちましたが、
予想していた以上に、友達がたくさんできました。

そんな中、友人から「友達を作る方法について書いてみてくれ」という
依頼をもらったので、思い起こして書いてみたいと思います。

サンダーバードに来た時に、自分の中で目標を一つ立てました。
「友達を30か国につくる」
今数えてみたら、28か国の友人ができたので、
卒業までにこの目標は達成できそうです。

自分の中で意識していることはいくつかあります。
少し思いつくままに書いてみたいと思います。

1. 人を好きになる

これは外国人ではなくても、日本人の友人を作るときでも同じだと思いますが、
相手のことに興味をもたないと、相手との距離を埋めることはできないと思います。

しかし、「この人を好きになる」は、それ以上のことを意味しています。

ときどき、こういう人がいます。

「あまり外国人の友人が仲よくしてくれない」
「なかなか輪に入れない」

気持ちはすごくわかるのですが、こう思っている方は気持ちの転換が必要だと思います。

それは、

「相手のことを好きにならないと、相手から好かれない」

という基本的なことです。

人に仲よくしてもらいたい、好かれたいのであれば、
こちらから相手を好きになって、仲よくしていく必要があります。
受け身で待っていても、何事も望む方向には進みません。

ということで、こちらから「相手を好きになる」ということはとても重要です。

会った時にこちらから話しかける。遊びに誘う。飲みに誘う。
こちらからメールする。電話する。こちらから輪に飛び込んでいく。

そういう姿勢はまずはじめに大事なんじゃないかと思います。
 

2. 自分のことを話す

こちらから話しかけていったあと、
相手に興味をもってもらうようになるためには、
自分のことを話す必要があります。

人は相手のことを知ってはじめて「何か話したい」「聴いてみたい」という
気持ちが起こってくるものだと思います。

なので、自分の興味、将来のこと、家族のこと、国のこと、小さいころの話。
なんでもいいので、とりあえず話を進めていくと、
きっと相手にピンとくるテーマにぶつかると思います。

実際僕の場合も相手によって話すテーマはバラバラです。

「日本語を学びたい」
「起業の話をしたい」
「とりあえず感覚が合うので一緒にいたい」
「一緒にトランプで遊びたい」
「クラスでわからないことを教えてほしい」
「日本に旅行に行ったときに案内してほしい」
「将来日本に関するビジネスをする際に助けてほしい」
などなど。

相手に「自分に興味をもってもらいたい」と思うときには、
まずさきに自分が相手に心を開いているかを確認するといいと思います。
 

3.出会いを広げる

たくさんの友だちを作るためには、
出会いのきっかけを自分から作りに行く必要があります。

僕の場合は、クラスのチーム編成がよいきっかけの場となっています。
これまで、20近くのチームを授業の中でつくってきましたが、
チームメンバーは毎回ほとんど違うようにしてきました。
その結果、このチームをもとに新たな出会いが生まれ、友人が増えました。

一度何かを一緒に実施した経験ができると、
その後、すれ違ったりしたときに、自然と会話をするようになります。
そして、いつの間にか遠慮なく、普通に話ができるようになります。

それ以外にも、きっかけの場としては、
スポーツ、パーティ、課外プログラムなどなど、様々なものがあります。
いろんなところに顔を出せば出すほど、自然と輪は広がっていくと思います。
 

4. 自分に自信を持つ

新しい人と話をするときに、人はついつい不安になります。

「自分に興味を持ってくれてるのかな?」
「つまらないと思われてないかな?」
「何から話をしていいかわからなくて困った」
「どうやって話をつなげよう」
「自分の英語は通じているだろうか?」

ただ、残念ながら、不安気に話をしているとき、
たいてい相手にその不安は伝わってしまっています。
そして、不安気に話をされているときは、
「会話が弾まなくて面白くない」ので、相手に良い印象を与えることを難しくしてしまいます。

それよりも、心持だけでも自信をもっていくことで、
相手に、「楽しい」「何かすごそうな人だな」という印象をもってもらうことができます。

「英語は伝わってなかったら、もう一度説明すればいい」
「話がつながらなかったら、明るく「またね」と言って別れればいい」
「難しく考えずに、訊きたいことを訊いてみよう」

こんな意気込みでいいのだと思います。
 

5.相手のペースに合わせる

ここまでの内容を踏まえると、
「とりあえず勢いだ!」と解釈されてしまうかもしれませんが、
あまり勢いで押しすぎると、相手が引いてしまうということもあります。

「何か迫力があるんだけど、ちょっと近づけないなぁ」
「本当は何を考えている人なんだろう」

相手にこんな意識を与えてしまっていないかどうか気にしておくことも重要だと思います。

あらためて自分が意識していそうなことを書いてみましたが、
自分としては、あまり深く考えずに、”Be yourself”でいれば、
自然と人と仲良くなれるんじゃないかと思ったりもします。(笑)

すみません。今回はこんな結論です。


カテゴリー: 留学キャンパスライフ タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>