【美しいデザイン】GDPと平均余命の変遷表


各国のGDPと平均余命について歴史的な変遷を動的に表している
サイトを発見しました。

GDP MINDER WORLD http://www.gapminder.org/world/

このサイトは、世界の歴史について「へ~」と思わせてくれるのと同時に、
データをグラフィカルに見せる表現方法としても、勉強になります。

このグラフは、全部で4つのジャンルのデータを、国別×年別分扱っています。

1. 一人当たりGDP (横軸)
2. 平均余命(縦軸)
3. 人口(円の大きさ)
4. 地域(色)

年毎の変遷は、気象予報図のように、
再生ボタンを押すことで、自動的に表を動かしてくれます。

国については、円をクリックすることで、国名を表示してくれます。

大昔のデータについては、どこまで信憑性があるかはわかりませんが、
それでも見ていて、時代の動きが把握できます。

見ていておもしろかったのは、

– 1800年では、今ほど一人当たりGDP、平均余命ともに差が大きくない
– 北欧諸国は19世紀の時点で、すべて平均余命が高い
– 第一次、第二次世界大戦後には戦地での平均余命が大きく下がる
– 19世紀後半から、ヨーロッパで右上にシフトする国が現れ始める
– 1945年頃から、発展途上国も含め、全体的に右上にシフトしていく
– 中国は大躍進政策の失敗により、1960年前後にGDPと平均余命が激減

きっと、グラフがなかったら、発見できなかったであろうなことが、
グラフ化によって、直感的に変化が把握できました。


カテゴリー: 留学キャンパスライフ タグ: , , , , , , , パーマリンク

【美しいデザイン】GDPと平均余命の変遷表 への1件のフィードバック

  1. ひろぽん のコメント:

    ツイッター以外では初めてのコメントです。
    中国の件は興味深いですね。
    大躍進政策の失敗を挽回するために起こしたのがあの「文化大革命」。
    中国が真に民主化されるのはいつの日か?

ひろぽん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>