ハロウィーン・パーティー


先週の土曜日は、アメリカではハロウィーンでした。
サンダーバードでも、夜に生徒会が主催するパーティーが行われました!

この日は、朝に、1学期前半の最後のテスト、
「グローバル政治経済」の筆記試験が開催されてました。
その後、アメリカ人学生を中心に、そわそわしはじめます。
話し合っている内容は、ハロウィーンでどんな衣装を着ていくか。
今夜はどんなパーティがあるか。
まだ、何も購入していない学生は、午後の時間を利用して、
買い出しに出かけます。
夜に向けて彼らの準備が始まっていきます。
日本の高校や大学での学園祭の雰囲気に似ていました。

夜になると、ぞくぞくとパーティー会場に、仮装をした学生が
集まり始めます。

パーティー会場の入口は、いいかんじの雰囲気を醸し出していました。

そして、パーティー会場内です。
みんな、いろいろ変装をしています。
面白いのは、アメリカ人以外の学生も、仮装をばっちりしていることです。
ハロウィーンは、ヨーロッパを中心とした祭事ですが、
東アジア、インド、南米、東欧などの学生も、見事に仮装しきっています(笑)
それだけ、ハロウィーンは世界中で認知されているようですね。

バンド演奏なんかもありました。

ハロウィーン・パーティーというものには、生まれて初めて参加しましたが、
クラスメートの思い切った仮装姿を観るのは、なかなか楽しいです。
ハロウィーンの祭の由来は、10月31日に死者の霊が現れ(日本のお盆?)、
それから身を守るために、仮面を被り、魔除けをするケルト民族の習わしです。
そのため、人気の衣装は、海賊、怪物マスクなどですが、
古代ローマ風衣装、メイド服、なかには金正日総書記までいました。
基本的に、衣装は、ウォルマートで安く売ってます。種類も結構豊富です。
このあたり、忘年会の前にドンキホーテで衣装を買う感覚とかなりに似てます(笑)

ハロウィーン・パーティの難しいところは、
いったん、その仮装の雰囲気に慣れてしまったあとは、
とくにやることがなくなってしまうことです。。。。
実際、2時間会場にいたあとは、飽きてしまいました。。


カテゴリー: 留学キャンパスライフ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>