英語の正しい学習法 <ステップ②>


< ステップ② 基本的な英語表現を覚える >

ステップ①で文法や語彙を上達させた後は、
実際の英語表現を練習していきます。

ポイントは、「イディオム」と「時制表現」です。

■イディオム

英語は本当にイディオムが多いです。
が、きっと日本語のほうがイディオムは多いと思います(笑)

ネイティブの日常表現の内容には、90%イディオムが含まれています。
ですので、イディオムを覚えていくことで、

– ネイティブのような日常的な表現が話せるようになる
– ネイティブの英語が聞き取れる

ようになります。すごい進歩です。

勉強方法は、

1. イディオム表現の教材を買う 

  僕が使っている教材は、”Essential Idioms in English”です。

  英語で書かれた英語の学習本です。

  約500のイディオムと、例文が丁寧に記載されています。
  海外の本と聞くととっつきにくいかもしれませんが、
  英語学習本ですので、内容は簡単です。

  また、ネイティブが書いている内容だけに、
  使われている例文には信頼がおけます。

  これで500のイディオムの習得を目指します。
  通常、英語での会話は、10往復もやりとりすれば十分です。
  500通りものイディオムが使えるということが、
  どれほどすごいか想像していただけると思います。

2. 電子教材を使う (iPhone, iPad, iPod touchが必要)

  iPhone, iPad, iPod touchをお持ちの方は、
  ぜひ、「リアル英会話」というアプリをお試しください。

  このアプリは、英語の日常的なスラングがゲーム感覚で習得できます。

  例えば、
  I knew it. (やっぱりね)
  Tell me about it. (本当だよね!)
  Things will work well. (どうにかなるよ)
  You deserve it. (ざまぁみろ)
  It pisses me off. (むかつく)
  I’m spacing out. (ぼーとしてた)

  このような表現がマスターできます。

  このアプリにのっているものは、ネイティブが使うイディオムばかりで、
  僕もこの表現を覚えてから、ネイティブの会話がより聞き取れるように
  なりました。

■時制表現

 時制とは、過去形、現在形、現在進行形、現在完了形、未来形などです。

 この中で、日常表現で圧倒的に使うのは、現在形ではありません。
 過去形です。
 人は雑談するときには、だいたい過去の話をしているものです。
 昨日の話、さっきの授業の話、昔の体験談、などなど。
 なので、まずは基本動詞の過去形を思い出しておく必要があります。

 was, went, played, took, made, asked, called, had, put, caught, saw
 heard, knew, talked, told, joined, ate, worked, studied, got, came, could
 fell, stayed, hung, sat, left, bought, sold, watched, drove, thought, felt

 だいたい、基本的に上記の30個ぐらいの動詞の過去形が、会話の大半で
 使われています。

 日本人の場合は、動詞の過去形に慣れていないので、
 リスニングの際に、以下の聞き取りミスが多発し、
 リスニングを妨げる大きな要因にもなっています。

 ate → eight
 knew → new
 saw → so
 
 英語の基本は、現在形ではなく、過去形なのです。

 そして、時制の表現でほかに多いものは、

 ~したことがある=現在完了形
   Have you been to Japan before? 日本行ったことある?
   Have you seen Jennifer? ジェニファー見た?
   I’ve heard that Joe broke up with Beth. ジョーがベスと別れたって聞いた。

 ~するつもり。~になりそう。=be going to: be gonna
   I’m gonna take dinner from now. 今から夕飯食べるつもり。
   Are you gonna study tonight? 今晩、勉強するの?
   It’s gonna be cooler tonight. 今晩は涼しくなりそうだね。

 ~しようと思ってた。~することになってる=be supposed to
   I was supposed to go to the party, but I fell asleep before that.
    パーティーに行こうと思ってたけど、その前に寝ちゃった。
   I am supposed to visit his office at 3 PM.
    午後3時に彼の事務所に行くことになってるんだよね。

 今から~するつもりだよ。=現在進行形
   I’m leaving now. もう行くよ。
   Sam is coming soon. サムはすぐ来るよ。

 以前よく~してた。前は~だった。= used to do
   I used to play baseball. 昔はよく野球してたよ。
   Here used to be a theater. 前はここは映画館だったんだよ。

 もちろん、それ以外にもwillを使った未来形、過去完了形なども
 使いますが、使用頻度は非常に少ないです。

 時制の練習は慣れです。
 日本語で日々話をしているときに、「これは英語だとどうなるかな?」
 ということを気にしていくのが、一番の練習になります。
 正しい表現を知りたい場合は、英辞郎で調べるのが効率的です。

このステップ②で説明した、イディオムと時制表現が使えるようになると、
一気に表現の幅が広がり、日常会話のほとんどを、
英語で表現できるようになります。

→ <ステップ③

自分のレベルにあった英語学習方法を知る手段として、
ベルリッツの無料体験レッスンを受けてみることをおススメします。


カテゴリー: 英語トピックス タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

英語の正しい学習法 <ステップ②> への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 英語の正しい学習法 <ステップ①> | アメリカ・サンダーバードMBA留学ブログ

  2. ピンバック: 英語の正しい学習法 <ステップ④> | アメリカ・サンダーバードMBA留学ブログ

  3. ピンバック: 英語の正しい学習法 <ステップ③ 番外編> | アメリカ・サンダーバードMBA留学ブログ

  4. ピンバック: 英語の正しい学習法 <ステップ③> | アメリカ・サンダーバードMBA留学ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>