アメリカ 変な交通ルール


こんにちは。

アメリカは車社会です。

アメリカで車を運転する日本人は、
ほとんど日本で運転免許証を取得してきています。

ただし、アメリカには特徴的な、「信じられない」交通ルールが
あります。

今日はそのご紹介です。

1.右車線

これはとても有名です。
日本が左車線・右ハンドルなのに対して、
アメリカは右車線・左ハンドルです。

運転する前は、正しく運転できるか不安になりますが、
だいたいは無事に運転できます。

ただし、日本人が多く行うミスもあります。

-細い路地や道路から店に向かって左折する際に、左車線に入る
-一方通行の道から左折する際に、左車線に入る

危険ですので、左折するときは要注意です。

-走行中、右の車線によりがち

日本で左車線を走っているとき、
人は無意識的に右ハンドルからみる視野によって、
車線における車の位置をコントロールしています。

右ハンドルからは、左車線がとらえにくいため、
極力、車を右側に寄せて走っています。

それが、アメリカで左ハンドルになったときにでも、
ついつい右側に車を寄せて走ってしまいます。
実際にやってみると、日本人は右側の車線を踏みながら、
車を運転しがちです。
これは慣れです。左車線をあえて意識して走行することがカギです。

-ウィンカーをつけようとして、ワイパーを回す

左ハンドルと右ハンドルでは、
ウインカーとワイパーの位置が正反対になります。
これも慣れです。

2.赤信号でも右折可能

信じられないアメリカのルールは、
赤信号でも右折可能だということです。

もちろん、垂直側の車線(南北に対して東西の道)は、
車が走っているので、
不用意に出ると、衝突します。

でもこれがルールですので、
右折車線にいて、赤信号で車を止めていると、
後ろの車からクラクションを鳴らされます。

「赤信号でも右折可能」を覚えておきましょう。

ときには、赤信号時に右折不可(日本と同じ)の道もあります。
その場合は、右向きの赤い矢印信号が出ています。

このルールで注意するのは、ドライバーだけでなく、
歩行者や自転車も注意です。
赤信号でも車は右折してきますので、
そのことを注意しないと、車にぶつけられます。

3.左折車線の存在

左折する場合は、対向車線を横切らなければなりません。
日本でもよく、右折する車が止まっていることで、
後続車が渋滞してしまうことが多々ありますよね。

アメリカには、左折専用車線という便利な車線があります。


この道の真ん中にある、黄色の実線と点線の囲まれた車線が
左折専用車線です。
左折をするタイミングで、この車線に侵入し、
対向車線の車がいなくなるのを待つのです。

ただし、対向車線から左折をしたい車も、同時にこの車線を使います。
同じ車線に、車が向かい合って、この車線にいることもしばしば。
その光景は非常に奇妙で、慣れないとドキっとしますが、
慣れれば便利なただの左折専用車線です。

また、アメリカの道路標識は、Km表示ではなく、マイル表示です。
1マイル=約1.6Km
Kmのつもりで走っていると、思いのほか速度がでていますので、
スピードの出しすぎにも注意しましょう。


カテゴリー: 留学キャンパスライフ タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>