留学生活のセットアップ


こんにちは。

すでにアメリカに来てから2カ月が経ちますが、
少し来たばかりのことを振り返ってみたいと思います。

まず、来てすぐには、本当に何もできません。
日本にいたときにあった生活基盤が何もなくなるからです。

車がないどころか、自転車もない。
スーパーがどこにあるかもわからないし、銀行口座もない。
携帯電話をもっていなし、頼れる友人もいない。
部屋にはベッドはあるが、枕も布団もないし、食べ物も食器もない。

インターネット環境と日本から持ってきたクレジットカード。
これだけが生活の命綱でした。

僕の場合は、まだ学校の寮だったので、
ネット環境と学食、ランドリー、シャワーが近くにあり、
まだましでした。

これでアパートだったら、完全に何も行動ができません。。。

海外に移住した人は、誰もが初めは同じような経験をたどるようです。

が、そこから、少しずつ人間らしい生活を取り戻していきます。

1. 大学から学生証を発行してもらう → こちらでの非公式な身分証明書を獲得。

2. インターネットで、身近なスーパー、銀行、ケータイショップの場所を把握。

3. CHASEにて銀行口座を開設 → 即時開設。ネットバンキングも充実。

4. ケータイショップで携帯電話をGET 
     → 銀行口座があれば、料金自動引落も同時に可能。

5. ウォルマートで布団やら何やら、必要なものを購入。自転車もここでGET。

6. Fry’s(スーパー)で食料品を購入。

7. 自動車免許センター(DMV)で、アメリカの自動車運転免許証をGET 
     → 公式な身分証明書。パスポート持参不要に。

8. 学校から健康保険証を獲得

アパートの方は、ここからレンタカーを借りながら、
家具や家電の購入、車の購入、自動車保険の加入という流れになります。

場合によっては、その前に、
アパート探し、ガス電気水道インターネットなどインフラの整備、
なども行っていきます。

僕の場合は、1~8までが約1週間かかりました。
この1週間後からは何一つ不自由ない生活が可能になりました。

もし、今後、海外生活を始める方がいましたら、日本にいる間に、

・滞在先の最寄りの銀行、ケータイ、自動車免許センター、スーパーの場所把握

・アパート滞在の方は、不動産屋、家賃相場、ガス電気水道ネットの加入方法のリサーチ

・自動車を購入予定の方は、滞在先の新車or中古車の相場把握

をしておくことをおすすめします。到着直後の心の不安がだいぶ軽減されるはずです。

また、留学をする方は、
すでにその学校にいる在校生の日本人にアクセスしておくべきです。

そうすることで、現地の情報を早めにゲットできますし、
到着後にもいろいろアドバイスをもらえます。

アクセスの方法は、
FACEBOOKやGoogleで学校の日本人コミュニティを探したり、
それでも見つからない場合は、
アドミッションに質問してもいいと思います。

本当に到着直後は、非常に疲れました。


カテゴリー: 留学生活セットアップ タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>