合格基準

合格基準としてTOEFLやGMATの最低基準(Minimum Score)を設定しているビジネススクールがあります。 特に、アイビーリーグ系のトップスクールではほとんどの学校がTOEFLの最低基準を設定しています。志望校の最低基準を早めに確認しておきましょう。

その他、AGOS JAPAN社が、過去の出願者データをもとにした合否基準データベースを公開しています。 ご自身の志望校のチェックだけでなく、本命校から滑り止めまで含めた出願校選択全体のプランニングにお役立てください。

また、AGOS JAPAN社は、トップスクール約60校のMBAプログラムおよび出願条件(TOEFLおよびGMATの最低基準情報含む)のデータベースも公開しています。ぜひご活用ください。

「学校の選択」のその他のページを見る