ゴール④「起業したい・新たな活動を始める力をつけたい」

MBA留学後に自分で事業を興す、活動を興す人にとって、MBA留学を通じて得たいものは何かを自分に問い続けることはとても重要なことです。

MBA留学は決して安い投資ではありません。MBA留学に必要な約1000万円を、自己投資に使うかわりに、やりたい事業・活動の運営資金として使えるという当たり前のことを真剣に考える必要があります。

MBA留学後に起業をしたり、NPOを興したりする人のなかでは、やはり海外との接点をもつ事業や活動を始める人が多いように見受けられます。最近では、アメリカのMBAには、将来NPOやNGOを始めたいという学生が積極的に入学を希望することもあり、そこでの出会いやネットワークが、国際的なNPOや事業を始める後押しをしてくれるようです。

国際的なNPOや企業を始めたい人にとっての「転職?MBA留学?」に対する答えは、それを始めるにあたっての必要要素(ネットワーク、ノウハウ、市場ニーズや社会ニーズ等)を知るための場所として、どこに飛び込めるかということだと思います。

ダイレクトに、国際NGOや世界にネットワークを持つ財団に飛び込む自信がある人にとってMBA留学は、お金や時間の面で考えたときには「遠回り」かもしれません。そこに飛び込むための「階段」を楽しみたい人には、MBA留学での出会いや経験は、将来の糧になるはずです。

「MBA留学とキャリア」のその他のページを見る