Eビザ - 貿易家・投資家ビザ

永住権であるEB-1ビザ(通称グリーンカード)に最も近いビザです。Eビザ保有者は、1年以上アメリカ合衆国に滞在した場合、家族を含めてEB-1ビザへの申請資格を取得できます(一部、例外あり)。Eビザは、貿易家を対象としたE-1ビザと、投資家を対象としたE-2ビザに分けられます。

対象者

  • E-1, E-2双方
    アメリカ合衆国と通商条約を締約している国の国籍保有者(日本は該当)
  • E-1
    日米間の貿易会社を起業する方(貿易全体のうち日米間が50%以上の場合のみ)。もしくは、日米間の貿易を主とし、株主のうち日本人個人が過半数を占める会社で就労する方。貿易の定義には、銀行、保険、通信、広告、運輸、コンサルタントなどのサービス輸出入を含む。
  • E-2
    大規模な投資会社を起業する方。もしくは株主のうち日本の法人・個人が過半数を占める大規模な投資会社で就労する方。

滞在可能期間

最初の認可期間は5年。その後、無期限に延長可能。

申請可能時期

随時

その他制限

家族にはE-2ビザが発給される。配偶者のみ就労が可能。
E-2ビザでの個人投資家の場合には、EB-1ビザの申請資格が与えられない。

「就労ビザ [VISA](アメリカ合衆国)」のその他のページを見る

「MBA留学とキャリア」のその他のページを見る