MBA留学後のキャリア・転職(中東・アフリカ)

UAE・サウジは求人増加、アフリカは依然低調

中東・アフリカ地域のMBA求人状況出典:QS TopMBA.com

中東・アフリカ地域のMBA求人は、全体では2012年に21%、2013年にも8%の伸びを見せましたが、エリアは中東地域に偏っています。とりわけ伸びているのが、アラブ首長国連邦とサウジアラビアのエネルギー、金融セクターです。サウジアラビアでは政府が積極的にMBA獲得を奨励しており、国家奨学金で毎年数千から数万人の学生が国内外のMBA課程に進んでいます。一方で、アフリカ地域のMBA求人はまだまだ少なく、アフリカ企業はMBA採用に依然積極的ではありません。アフリカ企業がMBA採用に及び腰な理由は、給与水準が折り合わないこと。欧米のMBAに進んだアフリカの学生は、そのまま欧米で就職することがまだまだ一般的です。

サウジ・UAEの給与は600万円前後

UAEとサウジアラビアのMBA就職状況

サウジアラビアおよびアラブ首長国連邦の年収は平均USD60,000(約600万円)の水準です。サウジアラビアやアラブ首長国連邦の日常生活コストは、日本よりも半分から5分の1とも言われており、その水準から考えるとMBA卒業生は好待遇と言えます。

「MBAとキャリア」のその他のページを見る