MBA留学後のキャリア・転職(西ヨーロッパ)

西ヨーロッパ全体は求人増加率停滞するも国ごとに特徴は異なる

西ヨーロッパ地域のMBA求人状況出典:QS TopMBA.com

西ヨーロッパ地域も全体で見るとアメリカと同様、求人増加率は低調ですが、国ごとにトレンドは異なります。MBA求人数が大きく落ち込んでいるのは、スペイン、アイルランド、ギリシアなど国全体の経済が厳しい地域のローカル企業。反対にMBA求人数が高く伸びているのは、イギリス、ドイツ、北欧など、経済状況が良い国です。全体的に金融業界は欧州債務危機の影響をまだ引ずっており、やや回復してきた感はありますが、動きは低調です。従来、MBA卒業生を多数採用してきたイギリス、スイスの金融業界はまだまだ採用に慎重です。反面伸びているのが、コンサルティング業界と中国語人材。EU諸国も経済的に中国との結びつきが強くなっており、コンサルティング業界や事業会社で中国語と欧米言語を話せるバイリンガル人材のニーズはうなぎのぼりです。2014年にはイギリスの金融機関大手の採用が戻ってくると言われています。

西ヨーロッパのMBA卒業後年収は高水準

MBA卒業後の年収

西ヨーロッパのMBA卒業後年収もアメリカと同様高く、グローバル企業で採用されるとUSD100,000(約1000万円)を超えてきます。MBA学生の平均年齢が28歳前後であることから鑑みると、かなりの高待遇を得ているといえます。

「MBAとキャリア」のその他のページを見る