GMAT対策

GMATは、ビジネススクールに出願する際に必要となる共通学力試験です。 TOEFLが英語を母国語としない出願者だけが受験するのに対し、GMATは全ての出願者が受験するものです。 特に、アメリカのビジネススクールは、出願に際しGMATのスコア提出を要求しています。

一方で、イギリス、他のヨーロッパ諸国、アジア太平洋地域のビジネススクールは GMATのスコアを要求していないビジネススクールが多くあります。

GMATの運営は、非営利団体GMACが主催しており、世界中の会場で受験することができます。 日本でも、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄で、ほぼ毎日実施されています。

受験は1年間で5回まで可能です。多くの受験生は、高得点が出るまで複数回チャレンジしています。 また、経済学や工学、医学など、ビジネススクール以外の大学院では、 GMATではなくGREという別の基礎学力試験のスコアの提出が求められています。 一部のビジネススクールでは、GMATの替わりに、GREのスコアの提出で代用することが認められています。

「留学の準備」のその他のページを見る