日本の運転免許証

手続する内容

留学する際に、帰国時のことにも備え、以下の3つの手続をしておくことをお勧めします。

国際運転免許証の取得

留学してから生活セットアップ、旅行、海外での運転免許証の取得の際に、国際運転免許証を取得しておくと便利です。国際運転免許証の有効期限は取得時より1年間ですが、海外滞在中に車を運転したくなった際に、すぐに運転をすることができます。

また、国際運転免許証は更新制度がありません。有効期限である1年を超えて国際運転免許証が必要な場合は、更新ではなく、あらためて同じ手続きをとり、再取得してください。

なお、国際運転免許証は、日本の運転免許証の有効期限が過ぎてしまうとともに無効となりますので、日本の運転免許証の有効期限には十分ご注意ください。

届出先

住民票の住所にある各都道府県公安委員会の運転免許試験場、運転免許センター

下記の条件を満たす場合、代理申請できます。

  • 申請者がすでに海外に転出している
  • 日本の運転免許証の有効期限が3カ月以上ある

※代理人申請する場合は、代理人ではなく申請者の免許発行都道府県で届出を行ってください。

持参物

  • 運転免許証
  • 国際運転免許証用の写真 1枚
    • タテ5cm×ヨコ4cm
    • 申請前6か月以内に撮影
    • 無帽, 正面, 上三分身, 無背景
    • 白黒又はカラー写真
  • パスポート又は海外渡航を証明する書類
    • ビザの申請等によりパスポートを提示できない場合は、パスポートの「顔写真のあるページ」のコピー
    • 海外渡航を証明する書類を使用する場合は、出張証明書、航空券、旅行会社発行の旅行日程表、船員手帳等の何れか1点
  • 手数料 2,400円

※代理申請の場合、以下の書類が追加で必要となります。

  • 委任状。国外運転免許証を必要とする方から、代理人への「国外運転免許証に関する申請及び受領について」の委任状で、署名は自筆のもの(写しは認められません)。
  • 国外運転免許証を必要とする方のパスポート「顔写真のあるページ」の写し
  • 国外運転免許証を必要とする方が「外国に滞在中である」ということが確認できる書類。パスポートの出入国スタンプのあるページの写し、滞在先の大使館、領事館の在留証明書、留学先学校等の在学証明等
  • 代理申請する方の身分を証明するもの(運転免許証、健康保険証等)
  • 委任状等が送られてきたエアーメールの封筒

更新期間前の更新

海外滞在中に日本の運転免許証の有効期限が過ぎてしまうと、免許証を更新するのに非常に煩雑な手続きが必要となります。経過期間により、免許を再取得しなければいけなくなる場合もあります。

<参考>運転免許証の期限切れ時の扱い

期限切れ理由 更新に必要な手続き
通常の失効 6ヶ月以内 6ヶ月を超え1年以内 1年を超える場合
学科及び技能試験の免除=適性検査のみ実施 仮免許試験の学科技能試験の免除=仮免許以降の試験の再受験(大型・中型・普通免許) ゼロから免許の取り直し
やむを得ない理由による失効 6ヶ月以内 6ヶ月を超え3年以内 3年を超える場合
学科及び技能試験の免除=適性検査のみ実施 やむを得ない理由が終了した日から起算して1月以内に、理由を証明する書類を添付申請すると、学科、技能試験が免除=適性検査のみ実施 ゼロから免許の取り直し

そのため、海外滞在中に有効期限が切れてしまう方は、現在の運転免許証の有効期限にかかわらず、海外転出前に運転免許証を更新する制度(更新期間前の更新)を活用することができます。

届け出する組織

住民票の住所にある各都道府県公安委員会の運転免許試験場、運転免許センター

代理申請

できません。更新手続は必ず本人が行う必要があります。

持参物

  • 運転免許証
  • やむを得ない理由の事実を証明する書類 (パスポート、母子手帳、入院等の予定診断書、出張証明書、入校証明書等のいずれか1つ)
  • 手数料(違反実績によって異なります)

住所変更

海外転出するために、一人暮らしの住所からご家族の住所などに住民票を移した方は、運転免許証の住所変更手続を行う必要があります。制度としては「記載事項変更」と言います。

届出先

新しい住民票の住所地であるお近くの都道府県警察署で記載事項変更は可能です。また、運転免許試験場や運転免許センターにて国際運転免許証や更新期間前の更新と同時に記載事項変更を行うことも可能です。

代理申請

同居のご家族の方のみ代理申請が可能です。

持参物

  • 運転免許証
  • 申請者の新住所を確認することができる書類(住民票、健康保険証又は新住所に届いた郵便物などのいずれか1つ)
  • 代理人の身分証明書(代理申請の場合)
  • 申請者と代理人の両名併記の「住民票」を1通用意してください(代理申請の場合)

※代理申請の場合の委任状は不要です。

「出国手続き」のその他のページを見る