クレジットカード(ドル建て)

手続内容

海外でクレジットカードを作成するには、一般的に多大な時間がかかります。特にアメリカの場合は、クレジットカード発行にはソーシャルセキュリティナンバーや定職が必要なだけでなく、金融機関からのクレジットヒストリー(信用)を得るまでに数年かかりますので、MBA留学生がアメリカでクレジットカードを発行することはほぼ不可能です。一方、日本で作成した円建てのクレジットを使っていると為替手数料がかかり、余分な出費が発生します。

代替手段として多くの留学生は、銀行からデビッドカードを発行してもらい、ECサイトでの決済や店舗での決済で使っていますが、日本人向けにドル建てクレジットカードを発行してくれているとても便利なサービスもあります。

  • Premioカード(http://www.premio.com/
    日本の株式会社プレステージ・インターナショナルが提供しているクジレットカードです。米国の銀行口座をクレジットカード引落し口座として選択できます(一方、日本の銀行口座を選ぶことはできません)。こちらのカードは、ソーシャルセキュリティナンバーは不要ですので、日本のクレジットカードの審査と同じような基準でカードが発行されます。また、米国外へ旅行や出張した際にも海外で使用可能です。大きなメリットとしては、Premioカードを使うことで米国でのクレジットヒストリーを構築できます。

    カードには年会費無料のPremioカードと、年会費が有料ですが利用額に応じてキャッシュバックが得られるPremio Plusカードがあります。

  • ANA CARD U.S.A(http://www.anacardusa.com/
    日本のANAカードが提供しているサービスです。ANA系(スターアライアンス)の航空会社を多く利用される方には非常に便利です。

「出国手続き」のその他のページを見る