MBAの種類(国内・海外)

MBAの取得方法は大きく3つに分けられます。現在のご自身の状況を熟考の上、 もっとも自分に適した取得方法を選択することをおすすめします。

  • 海外のビジネススクールでMBAフルタイムプログラムに留学
  • 日本の経営大学院に進学
  • 日本または海外のビジネススクールの通信MBAを受講

海外のビジネススクールでMBAフルタイムプログラムに留学

フルタイムプログラムは平日の昼間に授業があります、基本的に休職や退職など、仕事から離れる必要があります。

特徴

海外の大学にMBA留学をする場合には、基本的には仕事を長期間休むことが前提となります。一般的にはアメリカのMBAスクールは2年制が多く、ヨーロッパでは1年制のMBAスクールが中心です。

メリット

海外MBAは語学力の向上や幅広いグローバル人脈・ネットワークの形成には非常に魅力的です。また異国の地でレベルの高い人材と切磋琢磨しあう経験は経営に関する知識やスキルを身につける以上に人間としての成長を促してくれるため、MBAの魅力を最大限享受できる非常にチャレンジのしがいがある選択肢です。

また、MBA取得後のキャリアとしてアメリカやヨーロッパなどの企業への就職を考えている場合には、 就職活動の卒業生ネットワークや面接など就職活動のしやすさ、 語学力の点で、海外のビジネススクールでのMBA取得は有利に働きます。

デメリット

国内のビジネススクールに比べて高額な費用がかかる点が大きなネックとなります。

また、海外の大学にMBA留学をする場合には休職もしくは退職する必要があり、 1年間~2年間という長期に渡りビジネス実務を離れることによるリスクが存在します。

日本の経営大学院に進学

特徴

日本のビジネススクールに進学する場合には、フルタイムで通学する場合と、パートタイム形式で通学する場合の2パターンがあります。

仕事を一時的に休職するか、退職をして取得することも可能ですが、就業しながらMBAを取得することも可能です。

就業しながらビジネススクールに通学する場合には、平日夜や休日を利用して授業に出席します。授業時間はもちろん、授業の予習や課題をこなす時間を考えると、仕事との両立には体力面・精神面におけるタフさが必要となります。

また、職場の都合で転勤や主張などが頻繁にある場合には、授業への参加が難しくなるため、国内であっても進学を慎重に検討する必要があります。

メリット

海外のビジネススクールに進学する場合に比べて、就業上のブランクを作らずにMBAを取得することができる点や、 費用面でも海外MBA留学に比べて非常に安く済む点が魅力的です。

デメリット

国内のビジネススクールにも留学生がいますが、その割合は小さく、海外MBAに比べるとグローバルな人脈・ネットワークの点で得られるものは限られます。

MBAの授業が日本語で行われているビジネススクールが多く、英語コミュニケーション能力の向上はあまり期待できません。

日本のビジネススクールは世界からの評価がまだ高くなく、MBAタイトルの持つ価値が限定される点もネックです。

また、日本においてはアメリカに比べるとMBAの資格を採用要件として重視する企業がまだまだ少ないのが現状です。 MBAを取得したからといって必ずしも希望の就業先に就職できるわけではありません。

専門外の知識を体系的に習得する機会としては非常に有効ですが、将来的に外資企業への就職や海外勤務、グローバル事業を希望される方は、特に慎重に検討する必要があるでしょう。

日本国内でのMBA取得をお考えの方は、リクルートの大学&大学院netから資料請求をして情報収集するのが便利です。各ビジネススクールの資料を取り寄せて比較しながら、慎重に出願するビジネススクールを決めましょう。

日本または海外のビジネススクールの通信MBAを受講

特徴

現在では遠隔プログラム形式(英語ではディスタント・プログラム)でMBAプログラムを提供しているビジネススクールも存在しています。 ビデオ会議システムや録画授業を通じ受講します。遠隔形式とはいえ授業はMBAプログラムそのものであり、授業の質はフルタイムプログラムと同等です。

現在の環境下では地理的な制約、時間的な制約が多い方にとっては、遠隔形式でビジネススクールに通学するというのも1つの有効な選択肢です。

メリット

就業しながら、すなわち給与を得ながら受講できるため、資金面での負担が少ない点が何よりの魅力です。

就業上のブランクを作らずにMBAを取得することができる点もメリットです。

デメリット

遠隔形式の場合にはやはり直接通学に比べて、学生同士のネットワークや人脈を形成しづらい点がネックとなります。また、他の学生から得られる刺激やモチベーションも感じづらいため、MBA取得に対する強い意志と学習意欲がある方には向いていますが、 MBAの取得は前提だとしても、その過程で得られる様々な経験・スキル・人脈などの財産をどこまで最大化できるかは本人の努力次第により大きく変わってきます。

「MBA留学とは」のその他のページを見る